COMPANY
会社概要

メイン画像

ご挨拶

Message

義岡テクニカル株式会社は1977年(昭和52年)創業以来、現在に至るまで「確かな品質・高い技術力」を強みに、お客様に信頼される製品づくりを心がけてまいりました。
熟練の技で作り出す製品は、多種多様なニーズに応え、お客様からも高い評価をいただいております。

日本の「モノづくり」にはいくつかの課題が存在しており、技術者の高齢化や人財不足、イノベーションの欠如、グローバル化による海外競争などがあります。
これらの課題に対応するために、若者への啓発と教育、「モノづくり」に興味を持つ若者を増やすために、学校教育や企業による啓蒙活動が行われています。
日本の人口は高齢化が進んでおり、モノづくりにおける技術者不足が深刻化している中、ロボットによる自動化や産業界におけるDX化など社会やビジネス環境は大きく変化してます。

私たちは、時代のニーズを取り込み、先進的な技術を取り入れながら、高品質な製品の提供と、次世代に続く技術者の育成をし、100年企業を目標に社会に貢献してまいります。

今後も義岡テクニカル株式会社は「確かな品質・高い技術力」「チームワークと社交性」を強みに、お客様に「信頼と安全」を提供し、日々の向上心を忘れることなく、必ず満足していただける「モノづくり」をお約束します。
さらなる技術革新と品質向上に努め、社会に貢献し、社員を幸せにできるよう邁進してまいります。
今後とも一層のご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

義岡テクニカル株式会社 代表取締役
吉岡 秀晃

代表取締役画像

企業概要

Company Info

会社名
義岡テクニカル株式会社(Yoshioka-technical Co.,Ltd.)
所在地

〒520-3047 滋賀県栗東市手原7丁目5-21

大きな地図で見る

代表者
代表取締役 吉岡 秀晃
設立
昭和52年2月1日
TEL
077-553-5538
FAX
077-552-7059
事業内容
各種機械部品の設計・切断・研作加工
各種機械器具の加工・塗装
各種組立および付随作業請負
従業員数
50名
他拠点
本社工場
滋賀県栗東市手原7丁目5-21
下鈎工場
〒520-3026 滋賀県栗東市下鈎5-1
野尻工場
〒520-3027 滋賀県栗東市野尻248
手原工場
〒520-3027 滋賀県栗東市手原8丁目93-1
本社画像

沿革

History

1977年(昭和52年)
吉岡義道が栗東市小柿にて吉岡工業所を設立
1988年(昭和63年)
事業拡張のため栗東市下鈎に移転
有限会社義岡鐵工に改名 資本金300万円
1994年(平成6年)
事業拡張のため現本社に移転(栗東市手原)
1995年(平成7年)
三菱製レーザーマシン導入
1996年(平成8年)
工程管理システム導入
2001年(平成13年)
義岡テクニカル株式会社に改名 資本金1000万円
吉岡義道が代表取締役に就任
2004年(平成16年)
アマダ製レーザーマシン導入
2012年(平成24年)
パイプインデックス付きレーザーマシン導入
2015年(平成27年)
レーザーマシン導入
2016年(平成28年)
業務拡張のため 野尻工場新設
2017年(平成29年)
レーザー複合機導入
2018年(平成30年)
工程管理システムをリプレース
2019年(平成31年)
ハンディファイバーレーザー溶接機導入
2020年(令和2年)
業務拡張のため 下鈎工場新設
2021年(令和3年)
ATC搭載ベンディングブレーキ導入
2022年(令和4年)
吉岡秀晃が代表取締役に就任
パイプインデックス付きファイバーレーザー導入
2023年(令和5年)
大型ベンディングブレーキ導入
業務拡張のため 手原工場新設